夏が来る前の大掃除,年末をのんびり過ごすために

大掃除といえば年末にされている方が多いと思いますが、年末は忙しくないですか?クリスマスが終わり、クリスマスツリーを片付け、年末年始の食料を準備し、そして日々の家事。帰省する場合の準備等もありますよね。子供も冬休みなので子育ても一日中になります。そして何より寒い。寒い中での水を使う大掃除がわりと辛かったりします。ですので、手間のかかる大掃除は年末以外の時期に終わらせてしまうのです。家のすべてを夏前にしようと思うと大変ですので、私の場合は夏前と秋に分けています。まずはクーラーをそろそろ使いはじめるのでエアコンのフィルターを掃除します。それから天気の良い日に窓と網戸の掃除。お湯を使えない場所なので水が冷たく感じない時期にしてしまうのがいいです。窓を開ける時間も増えてくる時期ですから、網戸が汚れているとカーテンまで汚れてしまいます。窓掃除をしている間にカーテンもお洗濯しましょう。窓掃除が終わったらカーテンは脱水機からだして濡れている状態のままカーテンレールに取り付けます。窓を網戸にしておけば渇きも早いですし、濡れたまま取り付けていると重みで洗濯しわもほとんど気にならなくなります。次に洗濯機です。梅雨の時期はどうしても湿気が多いのでカビが気になります。室内干しの日も多くなりますので洗濯層の汚れをキレイに落とし、菌の付着を防ぎましょう。次にお風呂掃除とキッチンの換気扇です。これは冬の寒い時期に水洗いは辛いですし、汚れもなかなか落ちません。お湯を使ってしっかり掃除するにはガス代(電気代)もかなり使うことになりますので、暖かい時期に終わらせてしまいます。これだけ夏前にしておくと寒くて忙しい年末、少しゆっくりできますよね。キレイモ カウンセリング 予約